ハンド・ドリップ珈琲

DSC_0285.JPG

ハンドドリップの珈琲は入れる人の個性がどうしても出ます。微妙なお湯の温度、豆の挽き、豆自体の焙煎、蒸らしの時間、数え上げればきりがありません。ハンドドリップとマシーン抽出とどちらが良いかは一概には言えませんが、ハンドドリップのほうが色々な可能性を持っていることは確かだと思います。